【効果が持続】普段の汗臭さ、体臭予防にサラサラクリーム

体臭の予防 洗い方

体臭の予防 洗い方


汗を放置するのはダメ

こんにちわ、エミです^^。

 

 

体臭や汗臭いというのは誰でもある程度あると思います。違いというのは、『自分が汗臭い事、体臭がある事を理解しているかどうか』だけなのかなと思います。

 

体臭の予防 洗い方

 

 

また、自分の体臭を過敏に反応する女性も多いらしく、臭ってもないのにクサイと思い込むという方も多くいるので、バランスが大事ですよね。

 

 

 

汗の種類には2種類あり、更にはその汗も2種類に別れ、更には肌の皮膚の上に常在している、常在菌にも善玉と悪玉がいるという風に、汗そのものは無臭だけど、普段のケアによってニオイが出るのです。

 

誰でも体臭、汗臭いニオイはするもの

 

人間、生きているのであれば新陳代謝が起こり、垢、皮脂が出ますし、体温調整によってエクリン汗腺から汗を出します。

 

 

アポクリン汗腺が少ない人は、ワキガのニオイはしないかもしれませんが、エクリン汗腺からの汗も、普段の洗い方、肌の常在菌の状態、そして汗のケアによってニオイが出ます。

 

 

汗自体は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺から出ても無臭ですが、その後の処理によってニオイに違いが出るのです。

 

 

日常生活の中で、空気中のちり、ゴミなどが皮膚に付きます。汗や湿気があればなおさらですね。皮膚の露出が多ければ多いほど皮膚上に空気中のゴミ、チリが付きます。

 

 

エクリン汗腺、アポクリン汗腺ともに出された汗は、皮膚上にある常在菌の繁殖に使われるのですが、栄養は皮膚上の汗、皮脂、垢、そしてチリです。

 

 

この際に排出される養分がアンモニア臭などと呼ばれ、このニオイが汗臭い、体臭となるのです。

 

 

つまり、体臭というのは誰でもあり、それが衣類だったり、普段のケアだったり、放置するかどうかによってニオイが強烈になったり、全く臭わないという風に別れるのです。

 

 

あまり過敏になりすぎる必要はありませんが、

 

  • 汗をこまめに拭くこと
  • 服をいつまでも古いものを着ないこと
  • 汗がひいたからと言って、その服を着たままにしないこと
  • 普段の風呂でも常在菌が善玉になるような洗い方をすること
  • 肌の状態を殺菌、抗菌、制汗出来るようにしておくこと

 

 

こういった普段の注意で無臭近くにもなれるし、体臭、汗がきついカラダにもなるのです。

 

 

体臭は誰でもあるという事を自覚して、出来るだけ清潔にするという意識が大事です。

 

 

汗臭いニオイを出したくない、体臭を出来る限り抑えたいのであれば、普段から清潔に肌を保ち、しっかりとケアしてあげる事が大事です。

 

 

手間がかかる様なものではなく『出た汗をふき、皮膚上にそのままにしないように意識する』だけでも全くニオイ自体が違ってきます。

 

 

大事な事は体臭に対する意識なんですね。

 

汗にはニオイがない

 

案外みんな知らないのですが、汗そのものにはニオイはないです。アポクリン汗腺とエクリン汗腺がありますが、アポクリン汗腺の汗にしてもかいた汗からすぐニオイが出る訳ではないのです。

 

 

アポクリン汗腺の汗の種類は、『エクリン汗腺の汗の成分、水とミネラル』だけではなく、ニオイの素になるタンパク質、脂質、アンモニアを含んでいるだけであり、これが皮膚上の常在菌が食べる(繁殖する)とエクリン汗腺から出る汗よりもクサイというだけです。

 

 

ですので、アポクリン汗腺が少ない方であれば、ワキガで悩んでいる方でも、ワキガ臭を予防することも出来るのです。

 

 

その一方で、エクリン汗腺から出る汗は無臭というのも少しだけ違い、『ミネラルの量』によって、アンモニア臭がすることもあります。

 

 

どちらにしても、皮膚上の常在菌が繁殖する際に汗を使うので、この皮膚上に汗が出た時にしっかりと拭きとったり、また殺菌作用があるワキガクリームを塗っておく事で体臭の原因となる汗臭いニオイをほぼゼロにすることが出来るのです。

 

 

例えば運動後、トレーニング、ジョギングの後、汗そのものがクサイのであれば悪臭が漂います。でも、汗自体は臭くないです。

 

 

問題は汗をかいてしばらく経ったあとなんですね。汗をかいたままの服を着ている、汗が蒸発したらそのままにしている。

 

 

これが汗臭い原因になるのです。しっかりと拭いたり、ケアをしていると汗の臭さはほとんどしないのが現状です。

 

 

最近では、ドライ系のインナーが出ていますので、スポーツをした後、服が乾くとサラサラになり、今までびっしょりと汗をかいた事を、無かった事にしてくれる様な錯覚を起こします(笑)

 

 

そして、放置したりするんですね。それを毎日着ている様な服でやると、服の繊維に汗、皮脂、垢がたまるんです。だから、今度汗をかくと、前回よりも汗臭いニオイだったり、体臭が凄く際立ってくる。

 

 

体臭=汗という風に考えられがちですが、実はそうではありません。汗がクサイのではなく、汗を放置したままで、垢、皮脂と混ざるニオイが体臭と汗臭いニオイの原因なんです。

 

 

このことからも、普段の汗ケアが大事だとわかると思いますし、皮膚上にある常在菌も善玉優位(酸性の肌)にする必要があります。

 

 

汗臭い予防、体臭予防はこういったところを理解することから始まります。

 

正しいケアを身につける

 

結果的には汗をかいた瞬間に洗い流し、皮膚上に汗を残さないのであれば体臭、汗クサイ事で悩まされることはありません。

 

 

でも、それは無理ですよね。ですので、汗をかいたあとの肌の状態を清潔にするという事が大事になってきます。

 

 

  • 皮膚上の常在菌を善玉菌優位にしておくこと
  • 汗をかいたあと、出来るだけ殺菌、抗菌作用で菌の繁殖をさせない
  • 汗をかかない様に制汗作用のあるクリーム等を使うこと

 

 

こういった正しいケアを意識しておけば、普段、汗をかいたあとでも、極力ニオイの無い肌状態が作れるのです。

【返金保証付き】市販製品とは全く違います^^

Lapomine

 

体臭の予防 洗い方