【効果が持続】普段の汗臭さ、体臭予防にサラサラクリーム

体臭の予防 洗い方

体臭の予防 洗い方


体の良い汗、悪い汗について

こんにちわ、エミです^^

 

 

体臭を決める汗ですが、アポクリン汗腺やエクリン腺という考え以前に、服を清潔にする事、また、更年期の汗の多汗についての対策など、それぞれの原因があるので、それに合わせて対策する必要があるのです。

 

 

かいた汗は、エクリン汗腺、アポクリン汗腺共に最初から無臭です。その後放置することで、常在菌と合わさって汗臭いニオイになったり、体臭となって不快なニオイになります。

 

体臭 良い汗 悪い汗

 

汗の種類にも、エクリン汗腺からの汗にしても『良い汗、悪い汗』というものがあり、ベタベタ汗とサラサラ汗というのをなんとなく体感した方も多いかもしれません。

 

 

今回、『ベタベタした汗、サラサラした汗』という部分で、良い汗、悪い汗に分け、どういった違いがあるのかなどを説明してみたいと思います。

 

ミネラル分の再吸収が分かれ目です

 

エクリン汗腺から出る汗は、体温調整が主な役割です。アポクリン汗腺は種族確認のために『ニオイが出る汗』で、むかしの人間ではフェロモンなどの役割があったいわば、進化の名残の汗腺。

 

 

エクリン汗腺は身体全体に分布されていて、水に近くサラサラして無臭なのが特徴です。

 

 

汗をかくという現象は、体温が上昇することで『血中から水分とミネラル分が汗腺に取り込まれる』状態になります。その際、身体に必要なミネラル分は血中に再吸収されます。

 

 

ですので、『水分とわずかな塩分』が汗として皮膚面に排出されるのですが、これがエクリン汗腺から出る『サラサラの良い汗』です。

 

 

体外に排出されても蒸発しやすいため、気化熱による体温調整がスムーズに行われます。

 

悪いベタベタした汗について

 

では、悪いベタベタしている汗とはいったいどういった汗なのでしょうか??

 

 

先ほどの良い汗とは違い『ミネラル分が汗腺に再吸収されず、水分と一緒に排出された汗』です。

 

 

ミネラルが含まれているため、ベタベタしていて蒸発しにくいのが特徴なのです。更にエクリン汗腺から出る汗と言っても、体臭の原因になる様なニオイをもっています。

 

 

肉中心の食生活、ストレス、運動をしていない事で汗をかく習慣がないなども『悪い汗』を出す条件となります。

 

 

『良いサラサラした汗』は、少量の塩分を含むため、皮膚表面を酸性に保ちます。皮膚常在菌(悪ダマ)の繁殖が減り、善玉常在菌が好む酸性状態をキープ出来るのです。

 

 

『悪いベタベタした汗』の方は、ミネラルを含むために皮膚の表面をアルカリ状態にします。ですので、善玉より悪玉常在菌が好むアルカリ性 の環境になるのです。

 

悪い汗を作るエアコン

 

悪い汗をかく、というのは、生活の環境にも左右します。特にエアコンの部屋にいて運動をしないとかの方は注意が必要です。

 

 

本来エクリン汗腺から出る汗は『体温調整』が目的です。

 

 

しかし、体温調整が出来ない環境にいることで、本来の汗腺の動きが鈍ってきます。

 

 

汗をかくべきときにかけないという事は『老廃物、角質が汗腺に溜まったまま』になっている可能性が高いのです。

 

 

こういった不純物が汗と一緒に皮膚上に出てくると、皮膚上の常在菌の悪ダマが増え、垢、角質、皮脂のご馳走とともに繁殖していく。これがエクリン汗腺からでる汗でも汗臭い、体臭がキツめになる原因です。

 

 

また、精神的なストレス、プレッシャーなどで出てくる『精神性発汗』についても同様で、突発的かつ大量に出る、更にそれがプレッシャーになり、また大量の汗をかくという悪循環に陥り血液へのミネラル分の再吸収が追いつかない様になるので、ベタベタして乾きにくい汗になります。

 

 

ですので、エアコンなどについても注意が必要で、しっかりと汗をかくという習慣をつけておくことが、体臭を減らし、汗臭いニオイを予防する事になります。

 

 

皮膚上の常在菌の種類について

 

また、良い汗、悪い汗というのは『ミネラル』の多さに関係があるのですが、その汗をかくことで更に常在菌の繁殖が増えます。

 

 

常在菌というのは、善玉菌、悪玉菌があり、善玉菌は酸性を好み、悪玉菌はアルカリ性を好みます。

 

  • 良い汗・・塩分がある、ミネラルが少ないので酸性要素
  • 悪い汗・・ミネラルが多い為にアルカリ性要素

 

という風になり、出た後の皮膚の常在菌の状態にまで影響を与えます。

 

 

また、30代を過ぎた場合、身体の抗酸化力が落ちるため、バルミトレイン酸、過酸化脂質を増加させるためにニオイが出やすい状態になります。

 

 

アポクリン汗腺などの汗以外でも、エクリン汗腺の汗でも環境やその他の条件でクサくなる可能性があるので注意が必要ですので、普段からのケアをする事が大事です。

 

 

また、体内の善玉常在菌を増やすために、日々の体の洗い方も重要ですし、外出時のケアなどもする必要があります。体の洗い方などについてはコチラの『体臭予防の為の体の洗い方』ページで書いていますが、普段から『皮膚上の常在菌の善玉を増やす』という意識を持つことも重要です。

 

汗についてのまとめ

 

いかがでしたか??

 

 

私も以前は『アポクリン汗腺の汗はクサくて、それ以外の汗は無臭』という考えだったのですが、エクリン汗腺の汗も生活環境によっては十分体臭、汗臭い原因になるというのを知りました。

 

 

汗臭さ、体臭を予防するためには、

 

  • 体内の常在菌についての存在をしっかり知る事
  • 普段の生活習慣を意識して、『良い汗をかく環境』を作る事
  • 常在菌の善玉優位の皮膚を作る為に普段のフロの体の洗い方にも気をつける事

 

 

が大事という事を知りました。

 

 

しっかりと意識して取り組んでいきたいと思います^^。

 

>>汗、体臭を抑えるクリームはコチラ
>>体臭を抑える為の体の洗い方はコチラ

【返金保証付き】市販製品とは全く違います^^

Lapomine

 

体臭の予防 洗い方